読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今にも崩れそうな本棚の下で

主に漫画の感想を書くブログです。

BLEACH用語だらけの桃太郎

その他 BLEACH バトル・アクション ネタ・パロディ

昔々、ある空座町に、おじいさん(アブウェロ)とおばあさんがいました。

ある日、アブウェロは、虚圏(ウェコムンド)へ最上級大虚(ヴァストローデ)を狩りに、おばあさんは、尸魂界(ソウルソサエティ)に死覇装の洗濯にいきました。

死覇装についていたホコリは、刃に似ていました。

おばあさんが、流魂街で洗濯をしていると、死覇装は縮んでかなりタイトになってしまいました。

おばあさんが洗濯を続けていると、瀞霊廷の方から、大きな崩玉が、ドンドチャッカ、ドンドチャッカと流れてきました。

おばあさんは、「スエルテ(ラッキー)」と叫んでこれを拾います。

おばあさんは、穿界門を通って飛廉脚で空座町に帰りました。

 

アブウェロが、響転(ソニード)で黒腔(ガルガンタ)を通って帰ってくるのを待って、おばあさんは、命を刈り奪(と)る形をした斬魄刀で、崩玉を切ろうとしました。

鋼皮(イエロ)が硬く、おばあさんは、これを切るのに苦戦しましたが、「剣は両手で振った方が強い」と気付いたことで、なんとか切ることができました。

崩玉を切る方法としてはエサクタ(正解)です。

崩玉の中からは、元気な金色疋殺地蔵が出てきました。

金色疋殺地蔵は、ピカピカ光っていましたが、偉大な相手というのは輝いて見えるものです。

子どものいなかったアブウェロとおばあさんは、「これも月島さんのおかげ」と大喜び。

闇に生まれし子どもは、中央四十六室によって桃太郎と名付けられました。

 

桃太郎は、チョコラテ・イングレスや絶えず自壊する泥の人形で遊びながら、すくすくと育ちます。

寝る子は育つというおばあさんの言葉に従った結果でしょう。

やがて桃太郎は、中学生になり、少し老けました。

 

桃太郎「13歳や」

 

ある日、桃太郎は、鬼が島には、死神の卍解を星章化(メダライズ)して奪う鬼(ディアブロ)がいるという情報(ダーテン)を入手します。

桃太郎は、後から生まれてくる弟や妹を守るため、鬼退治に行くことにしました。

 

おばあさん「死にに行く理由に他人を使うなよ」

 

おばあさん達は、桃太郎を止めますが、桃太郎の決意は変わりません。

 

桃太郎「人生が5回くらいあったらなあ!  5回とも違う街で生まれて   5回とも違うものをお腹いっぱい食べて  5回とも違う仕事して…  それで5回とも…  同じ鬼を退治する」

 

ヒーローに憧れていた桃太郎でしたが、憧れは理解から最も遠い感情だと気付いたのです。

やがて、おばあさん達も桃太郎の熱意に負け、桃太郎の鬼退治を応援することになりました。

 

アブウェロ「進め  決して立ち止まるな  退けば老いるぞ  臆せば死ぬぞ!」

 

アブウェロとおばあさんは、桃太郎にソウル・キャンディ、プリングルス、聖文字(シュリフト)を与え、桃太郎を花鶴射法で送り出しました。

さよならを言う練習を終えた桃太郎は、甘さ(チョコラテ)を置いて旅に出たのです。

 

アブウェロ「俺達の仕事は 家の中を片付けて桃太郎の帰り道を用意してやることだ」

 

桃太郎は、鬼が島へ向かう途中、ロンダニーニの黒犬と出会いましだが、自壊していたのでおともにはできませんでした。

 

また、桃太郎が、破道の九十の詠唱破棄をしていると、狛村左陣と出会いました。

狛村は、雨と埃だけを食って辛うじて生きていました。

 

狛村「己を捨てた復讐などするな」

桃太郎「あまり強い言葉を遣うな  弱く見えるぞ」

 

このやりとりとは関係なく、桃太郎がドッグフードをあげると、狛村は桃太郎のおともになりました。

 

また、桃太郎と狛村が探査神経(ペスキス)を鍛えていると、狒狒王蛇尾丸に出会いました。

狒狒王蛇尾丸は、魂に誓って勝負を挑みましたが、あっさり負けてしまい、桃太郎のおともになりました。

 

その後、桃太郎一行が、虚(ホロウ)化していると、アビラマ・レッダーと出会いました。

彼は、第2十刃(セグンダ・エスパーダ)であるバラガンの従属官(フラシオン)であり、数字持ち(ヌメロス)です。

空戦鷲(アギラ)を使う彼でしたが、桃太郎が侘助で何回か斬りつけると、詫びるかのように頭(こうべ)を差し出し、彼もおともになりました。

 

こうして、犬、猿、キジをおともにした桃太郎は、やがて鬼が島にたどり着きました。

 

鬼「いつからここが鬼が島だと錯覚していた?」

 

桃太郎たちが、鬼が島だと思っていた場所は、真世界城(ヴァールヴァルト)へと変化した銀架城(ジルバーン)だったのです。

そこで桃太郎を迎えたのは、見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)から来た滅却師(クインシー)の皇帝と星十字騎士団(シュテルンリッター)達でした。

零番隊をも倒した彼らは、桃太郎たちを旅禍として迎撃します。

 

鬼「インヴェイダーズ・マスト・ダイ」

 

桃太郎は、静血装(プルート・ヴェーネ)、王虚の閃光(グラン・レイ・セロ)や最後の月牙天衝でこれに立ち向かいます。

犬は、黒縄天譴明王で、猿は双王蛇尾丸で、キジは帰刃(レスレクシオン)で戦いました。

 

桃太郎「俺自身が鬼になることだ」

 

聖別(アウスヴェーレン)や同士討ち、仮面の軍勢(ヴァイザード)の助けもあり、桃太郎たちは、鬼たちを追い詰め、あとは鬼の大将を残すのみとなりました。

 

桃太郎たちは、鬼の大将を総攻撃しましたが、桃太郎たちは、完全催眠にかかっており、実際に斬られたのは雛森でした。

 

桃太郎「雛森の霊圧が……消えた……?」

 

桃太郎の魔人の一撃は「致命的」でした。

桃太郎は、雛森のいない世界のスピードについていけそうにありません。

そこで、技術開発局に雛森を改造(なお)してもらいました。

 

桃太郎「済まぬ」

雛森「私は(謝罪を)拒絶する」

桃太郎「何を急に怒っているのかネ?君のそういう処…正直 引くヨ」

 

システムオールグリーン。桃太郎と雛森のコミュニケーションは不全でした。

 

桃太郎「できれば僕を…許さないでほしい」

 

そんなことがありつつも、桃太郎達は、なんとか全知全能(ジ・オールマイティ)の陛下を倒すことができました。

もっとも、結局、霊王が何だったのかはよく分かりませんでした。

とはいえ、桃太郎たちは、鬼たちが蓄えていた宝箱を車に積んで、おばあさん達の家へと持ち帰ることができました。

MT車を運転できるのも、限定解除のおかげです。

 

家に帰って宝箱を開けてみると、その中味は、ゾンビパウダーでした。

こうして、桃太郎は百年後までごきげんに暮らしました。

 

めでたしめでたし

 

 

 

完…だと…?

 

f:id:kido_ari:20161222172434p:plain

いらすとや:死神のイラスト 

 

 

※この記事は、

星井七億さん(http://7oku.hatenablog.com/)の桃太郎シリーズに端を発した、

サイバーエージェント用語だらけの桃太郎

http://ameblo.jp/tsukkyiiiiiii/entry-12230199871.html

IT用語だらけの桃太郎

http://bulk.co.jp/theblog/nogutaku/172216472

サッカー用語だらけの桃太郎

http://ameblo.jp/redond/entry-12230406383.html

の流れに乗っかったものです。

 

関連記事

kido-ari.hatenablog.com

kido-ari.hatenablog.com

http://kido-ari.hatenablog.com/entry/2017/02/03/182255

 

当ブログのその他のオススメ記事はこちら。

kido-ari.hatenablog.com

kido-ari.hatenablog.com

kido-ari.hatenablog.com

kido-ari.hatenablog.com

おすすめ能力バトル漫画・現代異能バトル漫画ランキング50 - 今にも崩れそうな本棚の下で