今にも崩れそうな本棚の下で

主に漫画の感想を書くブログです。

三大ほんとは言ってない漫画の名言「お前がそう思うんなら…」「クラスのみんなには…」あと1つは?

漫画の名言にも色々ありますが、不幸にも本当は言っていないのに、言っていることにされてしまった名言というものもあります。

 

「お前がそう思うんならそうなんだろう。お前ん中ではな」(少女ファイト・式島滋→ひだまりスケッチ・ゆの)

 

元々は、日本橋ヨヲコの女子バレーボール漫画「少女ファイト」のセリフ。

なぜか、このセリフを「ひだまりスケッチ」のゆのに言わせたAAなどが流行し、むしろそちらの方がよく知られるようになってしまいました。

 

作者にもこのことは伝わっている様子。

 

 最終的には、少女ファイト単行本に、ひだまりスケッチの作者・蒼樹うめが寄稿する事態に至りました。

 

「クラスのみんなには内緒だよ」(魔法少女まどか☆マギカ鹿目まどかBLEACH石田雨竜

 

元々は、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のセリフ。

このセリフをBLEACH石田雨竜に言わせたコラが作られていました。

このコラ画像を原作にあるものと勘違いしたのか、パズドラがBLEACHとコラボした際、石田雨竜のリーダースキル名が「クラスのみんなには内緒だよ」になるという事件が発生(その後、修正済み)。

 

さてもう1つは?

 

以上の2つにも異論があるかもしれませんが、三大ほんとは言ってない漫画の名言を決めるとしたら、あと1つは何でしょう?

・「何が嫌いかより何が好きかで自分を語れよ」?

・「正義の反対は『また別の正義』」?

・「でも日本人も悪いんですよ」?

 

ご意見あればお待ちしてます!

 

 

このブログのオススメ記事

kido-ari.hatenablog.com

kido-ari.hatenablog.com

kido-ari.hatenablog.com

 

 

 

なぜ異世界転生モノ・なろう系小説は安易にレベルやスキルの概念を導入するのか?

ゲーム内の世界でもないのに、なんで異世界でレベルやスキルの概念があるんですかね?

最近、立て続けにそんな感じの作品に触れたので考えてみました。

ただ、この辺のジャンルはそんなに詳しくないので的外れかもしれません。

 

1  先行人気作品の影響

 

MMORPGの中に閉じ込められる、みたいなタイプの世界観なら、ゲーム的な概念はあって当然なんですよね。

そうしたタイプの作品が先行して人気が出ているのでこれに後発作品がのっかった、または、読者も似たような作品を求めた、ということが考えられます。

ゲームのノベライズがその先駆けである可能性もあるでしょう。

 

2  主人公の成長や彼我の戦力差の明確化

 

主人公が成長しました、と言われても、うまく描写しないといまいち読者には伝わりません。

その点、レベルが1上がった、とか、〇〇のスキルを覚えた、と言われると分かりやすいですよね。

また、敵の見た目などの描写だけで敵を強そうに思わせるのは困難ですが、数値化すればこれも分かりやすい。

逆に、主人公のステータスを圧倒的なものにすることで、簡単に俺tsueee的な展開にさせることもできます。

レベルやスキルの概念の導入にはこうしたメリットもあるでしょう。

 

3  作者・読者がゲームに親和的

 

元々、ゲームに慣れ親しんでいないと、なかなかレベルやスキルの概念を導入されても馴染めないでしょう。

その点、作者も読者もそれなりにゲームの経験があれば、これらの概念がすっと頭に入ってくるはず。

一般文芸の平均的な作者・読者に比べれば、異世界転生モノ・なろう系小説の平均的な作者・読者は、よりゲームに親和的であることは想像できます。

ただ、TRPG全盛期や初期ドラクエ全盛期とかの方が数値数値してそうな気もするんですけどねえ…。

 

 

 

ざっと思いついたところではこんな感じです。

他に考えられる理由はあるでしょうか?

 

※書き終わってからちょっと調べたら、数年前ですら「何をいまさら…」みたいに言われているようで…。ただ、すっきりとした説明はあまり見当たりませんでした。

 

その他のおすすめ記事

kido-ari.hatenablog.com

kido-ari.hatenablog.com

kido-ari.hatenablog.com

 

クジラックスに埼玉県警が「配慮」を求めた件の整理

埼玉県警が、漫画家(主に成人男性向け)のクジラックスに対し、漫画を模倣した犯罪が起こらないよう配慮を求めた件が話題になっています。

この件について、事実関係等を整理してみました。

 

1  事実関係

 

作品発表以前の状況

 

問題の作品「がいがぁかうんたぁ」発表以前にも、放射能検査を装って家に侵入する手口自体は存在していた。

(?  そういう情報を見かけたのですが、ソースが不明でした。)

※追記:ブックマークコメントで教えていただきましたが、こちらの事例7に類似の手口の記載があり、2011年から手口自体はあったことがわかります。http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20110721_1.html

 

問題となった作品「がいがぁかうんたぁ」について

 

クジラックスが発行した同人誌(個人誌)作品(2013)。

(商業出版されたものに比べて流通量は少ないと思われる。もっとも、違法アップロードにより広く拡散されており、作品を読んだ人数は相当数いると思われる。)

内容は、男性が、放射能検査を装って家に入り、女児に性的暴行を加えるもの。

侵入後、即座に女児を殴打し、カッターで脅す。

放射能検査が関係するのは侵入まで。)

 

問題となった犯行以前の被疑者

 

警察から事情を聞いたであろうクジラックスによれば、被疑者は、「放射能検査の手口以前にもわいせつな痴漢行為等何件もやっていた」(と警察はみている)。

 

被疑者の犯行(とされるもの)

 

放射能を調べる調査をしたいから入っていいですか」などと言って侵入。

当時中学生だった女子生徒に対し「身体検査をするね」「死にたくなければ声を出さないで」などと脅して身体を触った。

クジラックスが同人誌に描いた作品を模倣して犯行に及んだとされている。

県警は被疑者が少なくとも8件の犯行について作品の手口を真似したとみている。

 

埼玉県警がしたこと

 

①作品が模倣されないような配慮と②作中の行為が犯罪に当たると注意喚起を促すことなどを要請した。

(住所等をどうやって把握したかは不明。商業作家でもあるので、出版社等を通して本人に了承をとった上で把握した可能性はある。)

(①について具体的にどのような内容が想定されているのか、具体例をあげて配慮を求めたのかは報道等では不明)

クジラックス本人のTwitterによれば、「申し入れっていうと仰々しいけど、実際は菓子折りとお茶飲みながらもっとふにゃ~っとした会話をした」。

 

 

クジラックスの対応

 

県警の申入れを了承した。

また、「少女が性的被害に遭うような漫画は今後描かない」と了承した。

(後半は毎日新聞の報道)

 

強制わいせつ容疑の男「漫画を真似」 県警、作者に異例の申し入れ (埼玉新聞) - Yahoo!ニュース

埼玉県警:成人漫画作者に「配慮を」 わいせつ事件受け - 毎日新聞

 

2  疑問点

 

・たった1人の「模倣犯」が出たというだけで、なぜこのような異例の申入れがされたのか

・この申入れの法的根拠、法的位置づけは何か(行政警察活動としての行政指導?)

・任意の要請の形をとっているとはいえ、事実上の強制にならないか

(警察にはわいせつ物頒布等罪で検挙する権限もあることも踏まえて)

・今後も同様の申入れをしていくということだが、表現活動に対する萎縮効果が生じないか

そもそも商業作家とはいえ、成人向け同人誌の作家のもとに警察が訪問して申入れすること自体、萎縮効果が生じないか)

模倣犯が想定される又は現に生じていそうな他の作品等との違いは何か

(2時間サスペンスドラマ、名探偵コナン光市母子殺害事件におけるドラえもんデスノートナニワ金融道闇金ウシジマくん、ギャングース、各種ヤンキー漫画、各種ヤクザ・極道映画、15の夜など)

 

3  なぜそんなに心配するのか

 

正直いって、今回の申入れが直ちに不当だとか、表現の自由を侵害する、という気はしません。

ただ、心配になるのは以下のような事情からなのです。

・成人向け漫画はバッシングされやすく、規制されても規制反対の声が上がりにくいこと

( ニーメラーの「彼らが最初共産主義者を攻撃したとき」参照)

・任意と称して事実上の強制が行われる行為はこれまでも例があること

国会議員や警察には表現の自由の理解が不十分と思われる人が散見されること

 

他に懸念を表明している人達も似たようなところから懸念しているのだと思います。

今後も類似の件については注意して推移を見守りたいと思います。

 

※私自身は、成人向け漫画、特に和姦でないものはほぼ読みません。

※なお、一連の件で最大の被害者でもっともケアされるべきは、当然ながら、わいせつ犯罪の被害を受けた女性です。

それを踏まえた上で色々議論がされているものと理解しています。

 

似たような件について以前書いた記事はこち

kido-ari.hatenablog.com

 

 

 

 

「とある魔術の禁書目録(インデックス)」のように漢字にカタカナのルビを当てるタイトル

とある魔術の禁書目録(インデックス)、ロクでなし魔術教師と禁忌教典(アカシックレコード)など、漢字に英語的なルビをふる当て字のタイトルの作品、多いですよね。

気にはなっていたのですが、同じように気にしている人がいたので、この際、歴史をたどってみました。

 

この手のラノベ・アニメのタイトルっていつからある?

 

踊る騎士(ナイト)(1938) 

狼の紋章(エンブレム)(ウルフガイシリーズ)(1971)

地球(テラ)へ…(1977)

酔拳(ドランクモンキー)(1979)

闘将‼︎拉麺男(ラーメンマン)(1982)

聖戦士(オーラバトラーダンバイン(1983)  ※誤解でした

造物主(ライフメーカー)の掟(1983)

冥王計画(プロジェクト)ゼオライマー(1983)

吸血鬼(ヴァンパイア)ハンターD(1983)

やるっきゃ騎士(ナイト)(1984

巨神(ジャイアント)ゴーグ(1984

ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)(1985)

聖闘士(セイント)星矢(1986)

裸の銃(ガン)を持つ男(1988)

狂想曲(ラプソディ)(1988)

魔動王(マドーキング)グランゾート(1989)

NG騎士(ナイト)ラムネ&40(1990)

白魔術都市(セイルーン)の王子 スレイヤーズすぺしゃる(1991)

新世紀GPX(フューチャーグランプリ)サイバーフォーミュラ(1991)

魔法騎士(マジックナイト)レイアース(1993)

女神天国(パラダイス)(1993)

日帰りクエスト なりゆきまかせの異邦人(ストレンジャー)

風の白猿神(ハヌマーン)(1995)

美食(グルメ)戦隊薔薇野郎(1995)

頭文字(イニシャル)D(1995)

名探偵コナン 14番目の標的(1998)(名探偵コナンの劇場版は他多数)

海辺(ビーチ)でリーチ!(1998)

ジョジョの奇妙な冒険 石作りの海(ストーンオーシャン)(2000)

勝負師(ギャンブラー)伝説哲也(2000)

GEAR戦士(ファイター)電童(2000)

風の聖痕スティグマ)(2002)

満月(フルムーン)をさがして(2002)

恐怖症博士(ドクターフォビア)(2003)

伝説の頭(ヘッド) 翔(2003)

とある魔術の禁書目録(インデックス)(2004)

ヴァンパイア騎士(ナイト)(2005)

初恋限定(リミテッド)。(2007)

ミニスカ宇宙海賊(パイレーツ)(2008)

聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)(2009)

機巧少女(マシンドール)は傷つかない(2009)

青の祓魔師エクソシスト)(2009)

はぐれ勇者の鬼畜美学エステティカ)(2010)

星刻の竜騎士ドラグナー)(2010)

監獄学園(プリンズンスクール)(2011)

gdgd妖精s(ぐたぐだフェアリーズ)(2011)

東京喰種(グール)(2012)

新妹魔王の契約者(テスタメント)(2012)

聖剣使いの禁呪詠唱(ワールドブレイク)(2012)

冴えない彼女(ヒロイン)の育て方(2012)

黒鋼の魔紋修復士(ヒエラ・グラフィコス)(2012)

最弱無敗の神装機竜(バハムート)(2013)

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)(2013)

ロクでなし魔術教師と禁忌教典(2014)

亜人(デミ)ちゃんは語りたい(2015)

 

全部は載せきれないので、主なものだけです。

特にMF文庫Jに多くありすぎました。

 

見つけられたのは上記の通りですが、多分、もっと古いのは色々あるんでしょうね。

SFやファンタジーの翻訳モノ、歌のタイトルにもありそうです。

(翻訳モノは翻訳者のさじ加減次第というところもあります。ニューロマンサーとか。)

 

作中の固有名詞や必殺技も含めるともっと色々ありますね。

超(スーパー)サイヤ人、十刃(エスパーダ)などなど。

 

また、タイトル中の固有名詞もいれるとなると、「甸国皇子 班烈多物語(でんまるくおうじ はむれっとものがたり)」(1885。ハムレットの翻訳)なども入ってきますが、ちょっと意味合いが違ってきます。

 

さらに、「本来の読み方でない読みをする」ということだと、「伽羅」を「めいぼく(名木)」と読ませる歌舞伎「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」があり、江戸時代まで遡れます。

 

上記のリストの話に戻ると、90年代の頃は、熟語とそのルビがタイトルのはじめに来ていたのに対して、最近のものは後ろの方に来ているのも興味深いところです。

昔は、漢字+カタカタのタイトルが多かったのに対し(スーパー戦隊シリーズなど)、最近のものは「とある魔術の禁書目録」を見習ってるからでしょうか。

 

これが抜けてる、というのがあったら教えてください。

 

なお、「僕は友達が少ない」式のタイトルについてはこちら。

kido-ari.hatenablog.com

 

 

参考

ライトノベルのタイトルで漢字にあり得ない読みのルビが降られてい... - Yahoo!知恵袋

漢字に別のルビがふってあるタイトルのアニメ - アニメ 解決済 | 教えて!goo

ライトノベルのタイトルで「〇〇〇の〇〇〇(漢字にありえないル... - Yahoo!知恵袋

 

f:id:kido_ari:20170609090453p:plain

 

ブコメで誤記の指摘をいただき、一部修正しました。

ありがとうございました。

 

 

無能力者VS異能力者を描く知略サスペンス「無能なナナ」

今回、ご紹介する漫画は「無能なナナ」。

できれば、この記事を読む前に、以下のリンクから第1話を読んでみてください。

www.ganganonline.com

 

舞台は、能力者が集められた孤島の学園。

炎を操る能力者や氷を操る能力者など能力者モノでありがちな能力者たちが揃っています。

一方、主人公のナナは、何も能力を持たない無能力者。

実は、ナナは、人類の脅威となり得る能力者を抹殺すべく、国家から送り込まれた暗殺者なのでした。

ナナが、能力がないながら、頭脳を駆使して強力な能力者たちを人知れず殺害していくストーリーです。

主人公が、無能力者・暗殺者だとバレないように一人ずつ仕留めていくところにサスペンス感がありますね。

 

能力バトルものの無能力者は、よく登場しがちですが、それでも体術があったり優れた技術があることが多いでしょう。

(通りすがりのサラリーマンとか超人戦線のキャラとか)

そういうタイプの無能力者も好みではあるのですが、純粋に頭脳だけで能力者に対抗するのが面白いところです。

 

原作者のるーすぼーいは、成人向けゲームのシナリオライターを主にやっている人のよう。

元々、伏線を回収してのどんでん返しが得意な人のようなので、今後の展開にも期待できます。

 

月刊少年ガンガン連載ですが、6月12日からwebでも「ディレイ連載」というものが始まるようなので、ぜひ読んでみてください。

 

その他の能力バトル漫画記事はこち

kido-ari.hatenablog.com

 

kido-ari.hatenablog.com

 

kido-ari.hatenablog.com

 

「現実の犯罪を元ネタにした漫画」を巡る議論のあれこれ

先日、現実の犯罪と(特に性犯罪が絡むもの)を元ネタにした漫画(特に性的なもの)について、議論が起こっていました。

この議論においては、色々な問題が一緒くたにして論じられているような気がします。

 

個人的な好き嫌い

 

特定の種類の漫画を個人的に好きか嫌いかという意見の表明の場合。

これは、本人が言うのであれば、真偽や当否は問題とならないでしょう。

ただし、そこから一足飛びに「規制すべき」にはつながりません。

また、あらゆる種類のフィクションについて、その種類のフィクションを嫌いな人間が存在し得る、というのは気をつけておきたいところです。

 

規制をすべきか否か

 

こちらの問題は、個人的な好き嫌いとは大きく異なります。

表現の自由なども関わってくるでしょう。

規制をすべきであるという立場については、様々なバリエーションが考えられます。

 

①私が気に入らない漫画は全て規制すべき

②現実の犯罪(性犯罪)を元ネタにした漫画は全て規制すべき

③現実の犯罪(性犯罪)を元ネタにしており、かつ、それが肯定的に描かれている漫画は規制すべき

④犯罪の参考になるような漫画は規制すべき

⑤犯罪の原因となるような漫画は規制すべき

 

例えば、上記のような感じでしょうか。

①については、賛同は得られないでしょう。

②もかなり極端な立場ですが、漫画と小説を区別すべき理由もないでしょうから、三島由紀夫の「金閣寺」なんかも規制対象に含まれそうです。

③はありそうな立場ですが、「肯定的」かどうかを判断するのが難しそうです。

単に、作中で犯罪者が裁かれてないことだけをもって肯定的に描かれているとはいえないでしょう。

④については、推理小説・漫画の大部分が規制対象にかかってしまいそう。

名探偵コナンなんかは、わざと実現不可能なトリックを使っているとも聞いたことがありますが、それでも参考にはなってしまい得るでしょう。

⑤については、現在において、因果関係が証明されているか、という問題があります。

また、仮に因果関係があるとしても、その強度によっては表現の自由を優先すべきという考えもあり得るでしょう。

 

また、上記では、公的な規制を念頭においていますが、規制といっても、ゾーニング、業界団体による自主規制、出版社による自主規制など色々な形もあり得ます。

 

こんな風に、この辺りの議論は、様々なレベルの話が混在しています。

そこを切り分けて話さないと、議論が迷走すると思うのでした。

 

anond.hatelabo.jp

 

当ブログのオススメ記事

kido-ari.hatenablog.com

 

kido-ari.hatenablog.com

 

kido-ari.hatenablog.com

 

 

 

 

 

石井館長が女子高生に転生する漫画「どるから」

なんかまた不思議な設定の漫画が始まりましたね…。

K1の創始者石井館長が脱税などの件で懲役を受けた後、トラックに轢かれて女子高生に転生するという漫画です。

 

わざわざ石井館長じゃなくて架空の空手家で良いんじゃないか?とか、脱税の件まで現実のことを取り入れなくても良いのでは?とか色々と疑問がわいてきますが、そういうツッコミどころもあえて見せた上で、バズるのを狙ってるんでしょうか。

アオリには、「格闘×ビジネス×女子高生」「もし女子高生が本気で空手ビジネスを始めたら…!!」とあるので、格闘ビジネス的な話が今後でてくるのでしょう。

いきなり脱税の話を突っ込んでくるあたり、業界裏話的な内容も出てくるのかもしれません。

 

ところで、こういう「身体は女性、魂(?)が男性」のキャラのサービスシーンがあった場合、読者は果たして喜べるのでしょうか?

幼女戦記(転生)、俺とヒーローと魔法少女(変身)、らんま1/2(変身)、バックストリートガールズ(全身整形・性転換)と色々バリエーションはありますが、限界がどこにあるのかは興味深いところです。

 

 

いずれにせよ、今後の展開が楽しみですね。

 

mangalifewin.takeshobo.co.jp