今にも崩れそうな本棚の下で

主に漫画の感想を書くブログです。

ブログ開設1年が経ち、累計アクセスが50万を超えたこと

しばらく記事を書いていませんでしたが、ふと気付くと、ブログ開設してから1周年。

それとともに、累計アクセス数(PV)も50万を超えていました。

(今は53万くらい)

 

一つの節目であるということと、久々の更新の肩慣らしに、ブログについて考えたこと、感じていることを書いてみようと思います。

運営報告の類に興味がない人は読まない方が良いかもしれません。

 

1  アクセス数とその根源

 

単純計算すると、アクセス数は月4〜5万。

もっとも、以前の記事(ブログに2日間で15万以上のアクセスがあった話 )に書いたように、2日間で15万くらいアクセスがあった期間があったので、その分を除くと、だいたい月3万くらいでしょうか。

ブログを始めて1ヶ月目のアクセス数が約2万3000だったこと(ブログ開設1ヶ月のアクセス数は約2万3000!)を考えると、成長の無さが伺えます。

(更新頻度が大幅に低下な割には安定しているともいう。)

 

アクセス元としては、以下の2つの記事へのグーグル検索からがわりと多く、あとは色んな記事に、はてブやらTwitterやらからアクセスがある感じです。

kido-ari.hatenablog.com

kido-ari.hatenablog.com

 

みんなが漫画ランキング記事を書きたくなる(というか自分を棚に上げると、粗製乱造がひどい)ことにもうなずけます。

 

2  ブログ指南記事の役に立たなさ

 

ブログ指南記事みたいなのってよくありますよね。

ちょっとした小技みたいなのは、なんとなく参考にしてみたくなることはありますが、精神論を含めた大上段な記事については、あんまり役に立った記憶がありません。

だいたいが、個人的な体験を過度に一般化しすぎていて、再現性がなさそうに感じます。

ある種のネズミ講みたいなものなんでしょうけどねえ。

 

3  適当であるということ

 

これは人によるんでしょうけど、更新頻度を決めたりしなかったのが1年続いた理由の1つでした。

毎週1記事更新!とか息巻いていたらきっと何回か更新できない時点で挫折していたでしょう。

あとは、アクセス数や読み手の反応を気にしすぎなかったのも良かったのかもしません。

 

4  他の方のブログ

 

ブログを書き始めて、他の方のブログを前よりもよく読むようになりました。

上記の変な指南記事よりは、魅力的なブログの記事の方がよっぽど参考になります。

それが上手く生かせているかはともかく…。

 

5 今後について

 

今後も適当にやっていきたいと思います。

漫画の好み等が合いそうな方、いつも記事を読んでくださる方などは、これからもよろしくお願いします。