今にも崩れそうな本棚の下で

主に漫画の感想を書くブログです。

「お前その単語使いたいだけちゃうんか」と言いたくなる桃太郎

むかしむかし、あるまなざし村に、キモくて金のない陰キャのおじいさんと、グッドルッキングなおばあさんが、ほっこりと暮らしていました。

ある日、おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。

それは、日々繰り返される一時的なディアスポラ

おばあさんが川で洗濯をしていると、川の上流から、インスタ映えするファビュラスな桃が流れてくるのに気付きました。

桃に気付けたのはセレンディピティのおかげです。

大きな桃にセンス・オブ・ワンダーを感じたおばあさんは、おじいさんの意思を忖度してこれを持ち帰りました。

 

家に帰ってから桃を割ってみると、中から元気な男の子がスピンアウト。

子どもに恵まれずルサンチマンを抱えていたおじいさんたちは、この僥倖に「ジェネリック代理母だ」と大喜びです。

「桃から子どもが生まれた」というパワーワードにちなみ、子どもは桃太郎と名付けられました。

 

第四の壁を破っているおばあさんは、これは貴種流離譚ではないかと考えて、桃太郎を大切に育てます。

やがて、桃太郎は、大きくなると、鬼退治をアジェンダにしました。

世は、鬼が人間の能力を超えるシンギュラリティを迎え、まさにディストピアの様相を呈していたのです。

ドラスティックな桃太郎の決断をあわてて止めるおじいさんたちでしたが、イキリオタクの桃太郎は言うことを聞きません。

成長した桃太郎にとって、おじいさんたちは信頼できない語り手であり、鬼退治こそがレゾンデートルだったのです。

止むを得ず、おじいさんたちは、桃太郎を送り出しました。

旅立ちに際して桃太郎に渡したものは、カラフルでフォトジェニックなきびだんご。

シズル感もばっちりで、ママ友へのマウンティングに最適です。

 

ニーメラーの言葉を胸に、鬼退治のエバンジェリストとして旅立った桃太郎。

まずは、犬と猿を鬼退治にコミットさせてシナジーアウフヘーベンに期待します。

鬼退治のお供にするなら、犬、猿、あと1匹は?

哺乳類ばかりを仲間にしているとポリコレ的に叩かれそうだったので、桃太郎は、キジを仲間に加え、ダイバーシティを確保しました。

一方、中国人を仲間にするのは、ノックスの十戒に反するのでやめたようです。

 

やがて、鬼が島についた桃太郎たち。

桃太郎たちは、疾風怒濤(シュトゥルム・ウント・ドラング)のごとく、鬼が島の鬼をまるっと退治してしまいました。

たくさんの鬼を1人で退治する桃太郎は、まさにメアリー・スー

桃太郎に機械仕掛けの神(デウス・エクス・マキナ)は必要ありません。

桃太郎たちの「1人と3匹で鬼退治をする」というイノベーションは、鬼にとって長い長いポストアポカリプスの始まりを意味しました。

サイコパスの末路はいつも悲惨です。

 

桃太郎たちは、鬼が島から鬼の所持品を奪っていったので、その後、トラ柄のパンツや金棒はコモディティ化しましたとさ。

 

めでたしめでたし

 

 

 

 

桃太郎のお話、いかがでしたか?

 

 

 

 

↑参考になりましたので、シェアさせていただきます

 

(おわり)

 

 

 

参考:

桃太郎 カテゴリーの記事一覧 - ナナオクプリーズ

お前その単語使いたいだけちゃうんか2017

はてなブックマーク - お前その単語使いたいだけちゃうんか2017

俺が選ぶ!つい使いたくなるかっこいい文芸用語ベスト3

ノックスの十戒 かっこいい(無職・31歳) 何でも10個あるとかっこよく感..

 

以前の桃太郎の記事:

kido-ari.hatenablog.com